トラブルが起こらないように依頼する

>

不用品を具体的に伝えよう

見積もりを聞くために

不用品回収を業者に依頼した際、最初に言われていた金額と異なる料金を請求されたというトラブルが起こっています。
そのような話を聞くと、業者に依頼するのが怖いと感じるでしょう。
ですが、注意点を意識して見積もりを聞くとトラブルを回避できます。
こちらが出したい不用品の数を、的確に伝えましょう。

具体的に伝えることで、より正確な見積もりを出してもらえます。
不用品の大きさや種類、重さによって料金が変わります。
どんな情報でも良いので、不用品に関することを伝えてください。
するとスタッフが判断して、見積りを教えてくれます。
納得できる金額だったら、依頼してください。
たくさん不用品がある場合は、事前に大きさをなど計測しておきましょう。

スタッフやトラックの数に関係する

間違った不用品の情報が伝わると、スタッフやトラックの量が足りないといったトラブルが起こります。
すると全ての不用品を回収するまでに、時間が掛かります。
不用品に対応する人数が少ないと、負担も増やしてしまうので気をつけてください。
前もってどんな不用品があるのか伝えることで、業者がふさわしい人数やトラックの数を判断してくれます。

ですから、不用品の情報を細かく伝えた方が良いと言われています。
ゴミの量に関わらず、十分に人数が確保されていればスムーズに作業が終わるでしょう。
力に自信がない人は、作業を手伝えないと思います。
スタッフが足りていれば、すべてお任せで事が進んでいくので、こちらが手伝わなくても良いので安心してください。


この記事をシェアする