トラブルが起こらないように依頼する

>

迷わず業者が来られるように

目印を探してみよう

自宅の住所を言葉で伝えるだけでは、業者がわかってくれないかもしれません。
もっとわかりやすく伝えるためには、目印を知らせるのが良い方法です。
大きな建物や看板は、目印になります。
目立つ建物の角を右に曲がるなど、具体的に住所を説明すればわかってもらえるでしょう。
住所の説明が雑だと、なかなか業者が自宅に来てくれません。

特に自宅が入り組んだ道の奥にあって、文章だけでは理解できないと自覚している人は目印を探してください。
何も目印がない時は仕方がないので、大通りまで迎えに行ってください。
大通りまでなら、業者は自力で辿り着けると思います。
そこからの道順は、直接教えましょう。
その方が確実に、自宅に来てもらえます。

早く処分したい時に困る

基本的に拠点を置いているエリアに対しては強い業者ですが、それでもすべての地域を網羅しているわけではありません。
特に行き慣れていない土地ともなると、お客の所へたどり着くだけでも時間がかかります。
早く片付けを進めたい人にとって、これは致命的と言えるでしょう。
引っ越しを理由に、急ぎ家財を処分しなければいけないケースもあるかもしれません。
そのため、こちらの住所を伝える時は目印を含め、可能な限り業者が迷わないように配慮してあげる必要があります。
業者によっては連絡から十数分程度で駆けつけてくれるところもあります。
また、たとえ時間がかかってしまったとしても不満をあらわにするのは避けた方が無難です。
険悪な雰囲気の中ではお互いにやりづらさを感じてしまうため、なるべく穏便に済ませることが大切です。


この記事をシェアする